セックスじゃなくて、サイエンス / Science, not sex

2015年、カリフォルニア州サンノゼで開催されたアメリカ科学振興協会の年次大会に出席したときです。学術界における多様性やLGBTに関するパネルにいくつか出席しました。その中で、ある研究者が学会の全国レベルでLGBTが認知されるに至った経緯について語ってくれました。その学会のLGBT会員は年次大会の際に定期的に会食をもっていたそうなのですが、LGBT会員の活動を年次大会の公式日程の一部として認知してほしいと学会執行部に嘆願したところ、その願いは却下されたそうです。年次大会は「セックスじゃなくてサイエンス」の場だと。

私と一緒に会場にいた人たちは、このエピソードに驚いて静まり返ったのですが、私の脳裏には、かなり皮肉な思いがよぎりました。科学が性と無関係なら、どうして女性研究者の多くはセクハラにあっているのか。どうしてLGBT研究者は職場で差別を受けつづけているのか、と。でも、実はこの疑問に対する答えは考えてみれば明らかで、実はこれは性の問題ではなくて、誰もが技術と専門的知識を活用できるような包摂的な職場を作ることがポイントなのです。

大学や学会は、教職員が直面している問題を議論して、だれでも活躍できるように障壁を取り除いて、学会や社会の未来に貢献できるような環境をつくるべきだと思います。だから、LGBTやほかのマイノリティの構成員を学会や大学でもきちんと認知することは、組織にとって大事なことなのです。一部の人たちの参加を妨げているようでは、みんなの持っている能力を最大限に活用できません。

とどのつまり、これはやっぱり「セックスじゃなくてサイエンス」の問題なんです。E.M.

At the 2015 AAAS meeting at San Jose, USA, I attended several panels on diversity and LGBT issues in academia. At one of those panels, a researcher talked about her experiences gaining acceptance within the national academic association in her field. The association’s LGBT members regularly held an informal dinner at the annual meeting, but when they petitioned the leadership for representation on the official programme, they were denied as the annual meeting was about “science, not sex.”

As an astounded silence filled the room, the first, admittedly sarcastic, thought that went through my mind was that if science has nothing to do with sex, why do so many women academics experience sexual harassment and why are so many LGBT academics discriminated against in the workplace? But, to answer a question that really should have been obvious, it’s not about sex, it’s about creating an inclusive workplace in which all members are free to contribute their skills and knowledge.

Universities and academic associations need to discuss problems faced by all staff, remove barriers to participation, and show that all are welcome to contribute to the future of academia and society. Allowing LGBT and other minority groups recognition as full members of academic associations and universities is an important part of that. We can’t make the most of all our talents if we deny participation to some.

To put it another way, in the end, it’s about science, not sex. E.M.